尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年7月29日-山の鼻ビジターセンターより(白尾山~皿伏山の様子)

■ 天気:雨
■ 気温:20.9℃(最高気温) 18.0℃(最低気温)

今日も一日中雨模様で、最近良いお天気が少ないように感じます。

本日は白尾山、皿伏山の巡回に行ってきたので、その様子をお伝えします。

白尾山に向けて、富士見峠の登山口から入山しました。

登山口周辺には、ホソバノコゴメグサが生育していました。

今日は雨が降っている影響からか、
登山道が沢の様になっていました。

また、木道は苔むして非常に滑る箇所があり注意が必要です。
朽ちている木道に新たに命が芽生えている所もありました。

ここのコースは針葉樹林帯が続き、あまり光が入り込まないため、
花は少なく、ギンリョウソウやキノコが多数生育していました。

(キノコに集まるダイセンヤマナメクジ)

皿伏山から尾瀬沼に向かう途中に位置する大清水平には湿原が広がっており、
キンコウカやモウセンゴケ、サワランなどが生育していました。

白尾山、皿伏山は尾瀬の他の山に比べて、登山者が少なく、
道がわかりずらかったり、ぬかるんでいる場所が数多くあります。

ピンクテープなどの目印を見失わないようし、
足下に注意してください。

そして、尾瀬の他の場所とは違った雰囲気を楽しんで下さい。

担当:山田



< 前ページに戻る
PAGE TOP