尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年7月27日ー尾瀬沼ビジターセンターより(夏の尾瀬沼一周)

■天気:曇り
■気温:18.4℃(9時)20.9℃(昨日の最高気温)15.7℃(今日の最低気温)

昨日は尾瀬沼を一周してきました。
大江湿原ではニッコウキスゲが見頃となっており、湿原を鮮やかに彩っております。

【大江湿原の様子-湿原を彩るニッコウキスゲ-】

天候は曇りで時折霧も立ち込め、北岸にある「沼尻」では
夏の幻想的な光景に出会えました。

【雨粒をつけたチングルマ】

【キンコウカについていたヤゴの抜け殻】

次に南岸に向かうと尾瀬沼の湖畔沿いに歩くことができます。
大江湿原など向こう岸の景色やギンブナなどの群れを見ることができます。

【南岸から見える景色-大江湿原-】

なお、南岸は木道が老朽化し破損や傾きなどが多くありますので
充分に足元に注意してご通行ください。

また、尾瀬沼集団施設再整備工事の為、
尾瀬沼ビジターセンターから釜ッ堀湿原の間に仮設通路(迂回路)が設けられております。
ご理解とご協力の程、よろしくお願い致します。

【尾瀬沼ビジターセンターから釜ッ堀湿原の間に仮設通路(迂回路)】

尾瀬の大半の季節は冬が占めております。
ニッコウキスゲのシーズンが終わると、だんだん秋のお花の出番です。

今でしか見られない素敵な「尾瀬」の風景を見にいきませんか?
皆様の尾瀬へのお越しをお待ちしております。

担当:川上



< 前ページに戻る
PAGE TOP