尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年7月26日-山の鼻ビジターセンターより(至仏山巡回)

■ 天気:曇りときどき雨
■ 気温:23.3℃(最高気温) 17.6℃(最低気温)

本日の巡回は山ノ鼻から上り、至仏山から小至仏山に向かい鳩待峠へ下りました。
あいにくの天気で、尾瀬ヶ原を一望する事は出来ませんでしたが
現在、至仏山は花が沢山咲いています!!

山ノ鼻~森林限界過ぎた頃から、尾瀬ヶ原でも沢山見に来られている方が多い
ニッコウキスゲやキンコウカも咲いていました。

そして、湿原ではあまり見られない
クルマユリがとても色鮮やかに咲いています。

見られる場所は山ノ鼻~至仏山中腹です。
※因みにですが、山ノ鼻~至仏山山頂への東面登山道は
「上り専用」で「下り禁止」です。
山ノ鼻から至仏山山頂を上る際は見つけてみて下さい。


上の写真はタカネナデシコです。
今咲いているのはもう、終わりに近いですが
新しい蕾も多く見られたので、まだまだ楽しめそうです。


上の写真はホソバコゴメグサです。
こちらは名前に「コメ」が付いていますが
名前の通り小さい花を咲かせます。
そして、ちょっと変わった生態をしています。
他の植物から栄養を搾取しながら自分でも光合成を行う、半寄生という生態をしています。
興味深い花です。

他にも、イワイチョウ・ハクサンイチゲ・ユキワリソウ・ハクサンコザクラ
コメツツジ・ジョウシュウアズマギク・オゼソウ・エゾウサギソウ
などなど、沢山紹介したいのですが
紹介しきれない程、沢山咲いています。

最後に、6月に尾瀬ヶ原などの湿原に咲いていた花が見れなかった方に朗報です。
オヤマ沢田代の雪が溶けて、一斉に色んな種類の植物が咲きはじめていました。
湿原では花の時期が終わってしまった
チングルマ、ヒメシャクナゲ、イワカガミ
に加えタカネシオガマ、ハクサンコザクラ、ウラジロヨウラク、
ハクサンイチゲ、オゼソウ、ジョウエツキバナノコマノツメなど
一緒に咲いているところがあります。

是非時間のゆとりをもって、ゆっくり花を見ながら登ってみてください。

担当:榎原



< 前ページに戻る
PAGE TOP