尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年7月25日-山の鼻ビジターセンターより(花に集まる虫たち)

■ 天気:雨時々曇り
■ 気温:24.1℃(最高気温) 16.6℃(最低気温)

関東甲信地方は梅雨明けが発表されていますが、尾瀬は連日雨模様となっています。

本日は今の時期に咲いている花に集まる虫たちを紹介したいと思います。

研究見本園の入口付近ではノアザミが沢山咲いています。

そこに集まる虫たちも沢山いました。

こちらはヒョウモンチョウの仲間です。
ヒョウモンチョウは沢山種類が分かれており、
柄の微妙な違いで種を見分けるのですが、
翅の裏の模様で見分けることが多く、種まで同定できませんでした。

こうやって花に止まっている時は絶好の観察タイムです。

隣のノアザミの花にはハナアブが蜜を吸っていました。

ノアザミより少し奥にある咲き始めたばかりのクルマユリには、
ウラギンヒョウモンが蜜を吸っていました。

他にも花には、ハチやハナカミキリなど沢山の虫たちが集まります。

沢山の種類の花が咲いている尾瀬ヶ原。

それぞれの花にどんな虫が集まるかを観察してみるのも、
尾瀬の自然を楽しむ方法のひとつだと思います。

立ち止まって観察する際は、周りの迷惑にならないよう譲り合って、
じっくり見てみてはいかがでしょうか?

担当:山田



< 前ページに戻る
PAGE TOP