尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年7月17日-尾瀬沼ビジターセンターより(小淵沢田代のようす)

■天気:曇り
■気温:18.2℃(9時)21.2℃(昨日の最高気温)15.8℃(今日の最低気温)

こんにちは。
今日は小淵沢田代の様子をお伝えします。
小淵沢田代は尾瀬沼地区から登山道を片道1時間程度登って行くと到着できる、
森の中の小さな湿原です。

現在はワタスゲの果穂が見頃を迎えています。

森の中にぽっかりと広がるワタスゲの群落は、
広い湿原とはまた違った印象があり、
訪れる私たちに静かなひとときを与えてくれます。

また、他にも小さな花たちを見ることができます。

こちらはサワラン。
小さな花ですが、鮮やかな紫色が湿原ではよく目立ちます。
サワランは一般的にはあまり花を大きく開かないものですが、
こちらはカメラ目線を送ってくれました。

今後の小淵沢田代が楽しみな様子を見ることもできました。
こちらはキンコウカの花芽です。

たくさんの花芽が出ていますね!
例年ではキンコウカは8月上旬が見頃となります。
またキンコウカの葉はきれいなオレンジ色に紅葉することでも知られています。
これからに期待ですね!

尾瀬沼地区でゆっくり時間がとれる場合は
ぜひ小淵沢田代へも足を運んでみて下さい。
小淵沢田代へ行く道は、ほとんどが木道のない登山道です。
訪れる際はしっかりとした登山靴をご用意ください。

担当:江崎



< 前ページに戻る
PAGE TOP