尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年7月3日―尾瀬沼ビジターセンターより(雨の大江湿原)

■天気:雨
■気温:16.5℃(9時)16.6℃(昨日の最高気温)11.7℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様

こんにちは

今日も、昨日から引き続きザァーザァーと雨が降っていましたが、昼くらいにカラッと晴れ上がりました。山の天気は変わりやすいですね。

個人的には梅雨の時期の特徴である、一日しとしと弱雨が続く状態の時の森の散策が好きなので、梅雨入りは歓迎ではありますが、今年は春の陽気に包まれての散策なども、ほとんど出来なかったなと感じたりもしました。

ビジターセンター周辺や大江湿原ではポタポタ、ザァーザァーという雨音とともに、今日も元気にイワツバメ、キセキレイ、ウグイス、カッコウがさえずっています。

(水量が多い奥ッ沢)

いつも通る奥ッ沢(オクッツァワ)もこんなに水量が増加していました。
ここのところ、雪解け水の影響がなくなり、沢の水量も随分と少なくなったなぁーと思っていたところでしたので、今日の水量を見てまた雪解け水が豊富にあった時期を思い出しました。

(ひたひたのミズバショウ)

いつも見るミズバショウも今日は水に浸かった状態でした。お花はこういった天候の変化にどういう気持ちで対応しているのか気になりますね。カエルたちは、コーラスはしておらず、小さくささやくように鳴いてました。天候の良い日にはいつも鳴いているホオアカは、今日は鳴いてませんでした。ウグイスとカッコウは元気にさえずっていました。

(昨日のニッコウキスゲ)

昨日初めて花芽を咲かせているニッコウキスゲを一輪見つけましたが、今日は更にもう一輪見つけました。

(今日のニッコウキスゲ)

凄く綺麗ですね!シカにかじられなければよいのですが。
いよいよ本格的な夏シーズンに向けて準備を進めているようです。
そして今年は大江湿原がどのように彩られていくのか、今からわくわくしています。
本当に楽しみですね!またニッコウキスゲの経過報告をさせていただきます。
それではみなさま良い一日を。

担当:宮坂



< 前ページに戻る
PAGE TOP