尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年6月26日―尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬沼の様子と見晴地区イベントのお知らせ)

■天気:晴れ
■気温:14.1℃(9時)18.2℃(昨日の最高気温)10.6℃(今日の最低気温)

今日は久しぶりに清々しい晴れ間が広がっております。
尾瀬沼もすっかり夏草が生い茂り青々とする中、
モリアオガエルやエゾハルゼミの声が賑やかに聞こえます。

(大江湿原と燧ケ岳)

ミズバショウの次に尾瀬沼の湿原を彩るワタスゲの果穂が
見頃になるには、もう少し時間がかかりそうです。

(ワタスゲ-少しずつ開き始めた果穂-)

例年通りであれば、ワタスゲの穂は6月中旬から7月上旬まで楽しめますが、
今年は残雪などの影響により、尾瀬沼でのワタスゲの果穂の見頃は遅れています。
気長に待ちながら他のお花を見つつ、尾瀬沼の自然を楽しんで頂ければと思います。

(ミツガシワ-咲き始め-)

また、「見晴地区にご宿泊のお客さまにイベントのお知らせ」があります。
7月の見晴イベント開催予定日は7月2日(日)、19日(水)です。
なお、8月・9月の予定は、近日発表する予定です。

イベント内容は以下のとおりです。

①夜のスライドショー
〇内容:尾瀬国立公園の自然や歴史、尾瀬の魅力など職員が解説しながら映像を通して
    ご紹介いたします。
〇時間:夜19時00分から19時45分(45分間)
〇場所:見晴休憩所館内にて
〇持ち物:夜間のイベントとなりますので、ライト、雨具、防寒着などをお持ちください。
     また、必ずご自身の靴でお越し下さい。

②朝の観察会(スライドショーの翌日に実施)
〇内容:見晴地区周辺を職員による自然解説を交えながら散策するガイドツアーです。
〇時間:朝7時30分から8時15分(45分間)
〇定員:最大20名程度
〇集合場所:見晴休憩所前にて
〇持ち物:天候に配慮した上で雨具、防寒着などをお持ちください。
     また、必ずご自身の靴でお越し下さい。

皆様の「尾瀬」へのお越しをお待ちしております。

担当:川上



< 前ページに戻る
PAGE TOP