尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年6月22日―尾瀬沼ビジターセンターより(燧裏林道の様子)

■天気:曇り
■気温:11.1℃(9時)15.5℃(昨日の最高気温)8.6℃(今日の最低気温)

今日の尾瀬沼は曇り空。
9時の気温は11℃と、肌寒い朝を迎えています。

さて、20日に燧裏林道を歩いてきました。
燧裏林道は福島県の入山口である御池から、
燧ケ岳の北側を通り、尾瀬ヶ原へ抜ける登山道です。
比較的ゆるやかな登山道で、
美しいブナ林といくつかの小さな湿原を楽しめることもあり
隠れた人気コースとなっています。

現在はエゾハルゼミが鳴きはじめ、
新緑の美しい景色を楽しみながら歩くことができます。

湿原ではタテヤマリンドウが咲き始め、
その他にもイワカガミやヒメシャクナゲ、
チングルマなどが花芽を付けているのを見ることができました。
これからが楽しみですね。

林内でも様々なお花を見ることができました。
こちらはイチヨウラン。

木の根元でひっそりと咲いていました。
たくさんの植物たちが花の季節を迎えています。
ぜひ見逃さないように目を凝らして探してみてください。
たくさんの新しい発見がありますよ!

また燧裏林道では木々の大木を間近に見ることができます。

こちらはネズコの木とその根元で育つムラサキヤシオツツジ。

小さな植物も大きな木々もそれぞれの時間を過ごしています。
ぜひ、尾瀬の自然の時間を感じながら散策してみてくださいね。

担当:江崎



< 前ページに戻る
PAGE TOP