尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年6月21日-尾瀬山の鼻ビジターセンターより(夏の気配)

■ 天気:雨
■ 気温:14.9℃(最高気温) 9.2℃(最低気温)

6月も下旬に入り、尾瀬ヶ原を歩いていると至る所で夏の気配を感じます。


1枚目の写真はニッコウキスゲの蕾です。
夏の尾瀬を代表する花で、
例年ですと7月中旬から8月上旬に湿原を黄色く染める様子が見られます。


2枚目の写真はレンゲツツジの蕾です。
こちらも初夏の尾瀬ヶ原で見られる花で、緑の湿原に赤い彩りを添えます。


3枚目の写真は果穂がつき始めたワタスゲです。
尾瀬ヶ原の牛首分岐~竜宮付近では写真の様に果穂がつき始めていました。
例年ですと6月下旬から7月上旬には、湿原のいたるところで風に揺れる白いワタスゲの姿を楽しむ事ができます。

お越しの際は、夏の気配を探して尾瀬ヶ原を散策してみてはいかがでしょうか。

担当:菅原



< 前ページに戻る
PAGE TOP