尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年5月31日-尾瀬山の鼻ビジターセンターより(日の出頃の様子)

■天気:くもり
■気温:26.2℃(最高気温)3.4℃(最低気温)

5月下旬、山ノ鼻からの日の出は午前5時前後、燧ヶ岳右肩から見ることが出来ます。
今朝は残念ながら、曇り空で見ることは出来ませんでしたが、「マジックアワー」と呼ばれるこの時間帯はカメラマンの皆さんにはベストショットを撮ることが出来る時間帯です。
早起きをして、素敵な一枚を撮られては如何でしょうか?

日の出直後、朝霧ただよう中、ひとりのカメラマンがシャッターを切っています。
5月29日AM5:32
 

上の写真から20分後、朝霧が晴れ「さかさ燧」を目にすることが出来ました。
5月29日AM5:54 

再び霧の朝となりましたが、原の川上川橋の先に朝の太陽を望めました。
5月30日AM5:05 

少し厚い雲に覆われ、太陽の日差しを見ることは出来ませんでした。
心なしか至仏山も元気がないように感じました。天気は下り坂です。
5月31日AM4:56 

明日より、早6月(水無月)。太平洋側と日本海側両方の影響を受ける尾瀬の天候が
今後どの様に移り変わっていくのかは分かりませんが、晴れたら晴れたなりに、降ったら降ったなりの絶景が期待できるのが尾瀬だと思います。
皆さんもお気に入りの一枚を撮影するため、ぜひ尾瀬にお越し下さい。

担当:入倉



< 前ページに戻る
PAGE TOP