尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2017年5月20日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原の様子)

■天気:快晴
■気温:17.2℃(最高気温)-1.0℃(最低気温)

ここの所、快晴が続いており、急速に雪が解けています。
今日は尾瀬ヶ原の様子をお伝えいたします。

山ノ鼻から牛首手前までは
写真のように木道がでてる所もありますが、まだまだ雪が被っている所もあります。

牛首から竜宮の間は、雪解けが進み木道も歩きやすくなりますが、
木道が濡れていると滑りやすいので油断は禁物です!

ワタスゲ(綿菅)が出始めました。
白い綿毛になる6月下旬までの成長の過程が楽しみです。

竜宮近辺
雪がなく山ノ鼻周辺とは景色が変わります。
もう早い所ではミズバショウ(水芭蕉)の群落が見られます。場所によって大きさの違いがあり比較するのが面白いです。
また、キクザキイチゲやリュウキンカも咲き始めています。

キクザキイチゲ(菊咲一華)

リュウキンカ(立金花)

尾瀬ヶ原内でも場所によって全然違う景色が見られます。
これからどんどん多くの植物が芽を出してきます。
尾瀬の春が楽しみです。

担当:榎原



< 前ページに戻る
PAGE TOP