尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山登山口に案内看板等を設置しました。

至仏山に入山する方に、鳩待峠の登山口を明確化し適切な情報提供を行うため、
赤い誘導ポールの設置と、案内看板・配布チラシの設置を行いました。

(写真1)誘導ポール設置後の至仏山登山口
残雪があって登山口が不明確になりやすいため、
赤い誘導ポールを立てて、目印にしました。

(写真2)案内看板の設置
至仏山の周辺案内図の前に、残雪期利用の方への案内看板を設置しました。
あわせて、至仏山の滑走ルート・危険個所等を紹介したチラシを取り付けましたので、
入山する場合は、ここでルートや注意事項を確認してから出発しましょう。
このチラシは「平成29年シーズンの至仏山の利用ルール」からもダウンロードできます。

また赤い誘導ポールの先には、赤いリボンが付けられています。
赤いリボンは、オヤマ沢田代まで続いていて、これに沿って進むことになります。
ちなみに赤いリボンは、地元の片品村遭難対策救助隊がとりつけたものです。

この時期の至仏山は、春山の穏やかな面と雪山の厳しい面を持っています。
安易な入山は大変危険ですので、雪上登山の技術を持たない方は入山を控えてください。
また、入山する場合には植生保護のため『地面が露出しているところには、近寄らない』、『残雪が多くあるところ以外は、乗らない・歩かない・スキーなどで滑らない』よう
お願いします。

(写真3)夜間全面通行止め
最後に、戸倉~鳩待峠間の道路について、
4月28日(金)午前10時に冬期閉鎖を解除する予定ですが、
道路斜面の残雪が例年より多く、落雪等のおそれがあるため夜間通行止めとなります。
尾瀬ヶ原や至仏山等に行く計画をされていた方はご注意ください。
詳細はこちらから

参考データ
〇積雪深
・鳩待峠:4/13 300cm、4/20 360cm、4/25 280cm、4/27 220cm

担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP