尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年10月23日-尾瀬沼ビジターセンター(晩秋の燧ヶ岳)

天気:曇り
気温:8.3℃(朝9時)12.9℃(昨日の最高気温)4.2℃(今日の最低気温)

昨日、燧ヶ岳に登って来ました。
ルートは、登りが長英新道で、下りが御池新道です。

今日は、御池新道から見られる景色をご紹介いたします。

%e5%ba%83%e6%b2%a2%e7%94%b0%e4%bb%a3%e3%81%a8%e4%bc%9a%e6%b4%a5%e9%a7%92%e3%83%b6%e5%b2%b3_r広沢田代を上から見た様子

御池新道には広沢田代・熊沢田代という2つの湿原があります。
この写真は、熊沢田代手前から広沢田代を撮影したものです。
奥には会津駒ヶ岳が見え、ブナ平の綺麗な紅葉も見ることができます。

%e7%86%8a%e6%b2%a2%e7%94%b0%e4%bb%a3%ef%bc%88%e6%a8%aa%ef%bc%89_r山頂寄りにある熊沢田代の様子

木道が山頂に向かって続いていく様子がよく分かります。
静かな湿原で燧ヶ岳の中でもお勧めの場所です。

dsc02502_r山頂手前の長いガレ場

また御池新道は、全体的に岩場が多い道ですので足元にはご注意ください。
特に熊沢田代上部には長いガレ場があります。
不安定な岩が多いので、捻挫等に気を付けてください。

%e5%b0%be%e7%80%ac%e6%b2%bc_r俎嵓山頂より尾瀬沼を望む

標準4時間の登りが終わると、山頂での大展望が待っています。
関東地方最高峰の日光白根山が尾瀬沼の向こうに見え、
尾瀬ヶ原を挟んで至仏山も見ることができます。
さらに条件が良ければ、富士山や北アルプスの山々も見ることができます。

長い道のりを頑張った先にある美しい景色。
きっと、疲れを吹き飛ばしてくれることでしょう。

山頂等で休息や栄養、水分を十分に補給し、
事故が多いと言われる下りを安全に下山してください。

担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP