尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年10月14日-尾瀬沼ビジターセンターより(冬の足音が聞こえる尾瀬沼)

天気:晴れ
気温:6.0℃(朝9時)9.8℃(昨日の最高気温)-0.2℃(今日の最低気温)

大江湿原の三本カラマツも紅葉し始める中、
徐々に寒さが厳しくなってきました。
dscn3072_rr【尾瀬沼のビュースポットにて-大江湿原の三本カラマツ-】

足元を見ると霜や霜柱が見られました。
よく見ると、石や木道が凍っています…。
足元が大変滑りやすくなるのでご注意ください。
dscn3038_rr【凍った石と霜柱-よく見ると滝にも見える?-】

dscn3056_rr【凍った木道】

また、秋が深まるにつれて生き物たちの痕跡を見かけることも増えてきました。
dscn3083_rr【足跡と紅葉】

小さくかわいらしい足跡の正体はおそらく「ホンドキツネ」。
湿原から木道を歩いたのか、足跡がはっきりと残っています。

dscn3073_rr【尾瀬沼のビュースポットにて-紅葉する尾瀬沼周辺-】

木々の美しい紅葉や朝の霜などが見られ、
冬の足音が近づいてくる「尾瀬」。
皆様の「尾瀬」へのお越しをお待ちしております。

担当:川上



< 前ページに戻る
PAGE TOP