尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年10月11日ー尾瀬沼ビジターセンターより(会津・沼田街道のようす)

天気:曇り のち 晴れ
気温:9.7℃(朝9時)13.1℃(昨日の最高気温)6.5℃(今日の最低気温)

今日は群馬県側の登山道、
大清水から一ノ瀬へと続く旧道のようすをご紹介します。

旧道は会津・沼田街道とも呼ばれ、
1590年頃に上州と会津を結ぶ道として、
沼田城主、真田信幸によって整備された歴史ある道です。
物資・文化交流の道として古くから利用されていました。

pa104812_rr

ゆるやかな坂道になっており、
ブナやミズナラを中心とした広葉樹林帯で、
ふかふかとした落ち葉の上を歩くことができます。

例年では10月上旬から中旬にかけて美しい紅葉を楽しむこともできます。

こちらは昨日のツタウルシの紅葉のようすです。

pa104811

枯れている木に巻きついて、ピンク色のツリーのようできれいでした。

そのほかにもたくさんの広葉樹が見られます。
こちらは落葉し始めたブナの葉。

pa100055_rr

これは何の落ち葉だろう?なんて観察しながら
歩いてみるのもこの季節の楽しみ方。

pa104822_rr

普段は高いところにある樹木の葉をじっくり見るチャンスです。
今まで気が付かなかった新しい発見があるかもしれません。

低公害車両が利用できるようになり、
大清水~一ノ瀬間のアクセスは便利になりましたが、
お天気の良い日はぜひ歩いてみて欲しい道です。

今シーズンもあとわずか。
低公害車両の運行は10月16日までとなっております。
尾瀬沼ビジターセンターは10月31日まで開館しています。

シーズン終了間近の尾瀬もまた魅力的です。
皆様のご来館をお待ちしております。

担当:江崎



< 前ページに戻る
PAGE TOP