尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年9月29日-尾瀬沼ビジターセンターより(燧ヶ岳の様子)

天気:雨
気温:15.9℃(朝9時)18.1℃(昨日の最高気温)14.6℃(今日の最低気温)

こんにちは。
今日は、昨日の燧ヶ岳の様子をお伝えします。

燧ヶ岳は東北地方と北海道では最高峰の2,356m。
登山道では広葉樹林帯から、針葉樹林帯、
さらに森林限界となりハイマツ帯や山頂の岩場など、
登るにつれて移り変わる自然の風景を楽しむことができます。

林内ではカエデ類やオオカメノキ、コシアブラなど、
色とりどりの紅葉が見られるようになってきました。

p9284190_rr

山頂付近でも、寒さや風に耐えながら生きる木々が鮮やかに色付いています。

p9284167_rr

こちらはホツツジの葉です。
オレンジ色の紅葉が鮮やかで、お花のようにも見えますね。
ハイマツやシャクナゲの緑に混ざり、美しいコントラストを楽しむことができます。

昨日はあいにくの雨の中の登山。
山頂付近は雲に覆われ、
すぐそばにあるはずの柴安嵓もほとんど見えませんでした。

p9280100_rr

山頂は岩場が多く、ハイマツが道を覆っている箇所もあり、
悪天候時にはとくに登山道がわかりにくくなります。
周りの景色も見えないため、方向もわかりづらくなります。

p9284196_rr

木に付けてあるピンクテープや標識を見逃さないようにしながら、
落ち着いて歩くようにしてください。

また山頂は気温が低いだけでなく、強い風が吹いている場合があり、
雨に濡れてしまうと身体はどんどん冷えていきます。
防寒着やレインウエアの上下、着替えやタオルなどを携行すると安心です。
準備万端でおでかけくださいね。

担当:江崎



< 前ページに戻る
PAGE TOP