尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年9月14日‐尾瀬沼ビジターセンターより(道行沢の様子)

天気:雨のち曇り
気温:16.0℃(朝9時)19.2℃(昨日の最高気温)15.6℃(今日の最低気温)

今日は道行沢の様子を紹介します。

道行沢は旧沼田街道とも呼ばれ、
会津と沼田を繋いでいた街道で、
その一部が七入と沼山峠の登山道です。
今回は七入から登ってきました。

登山道は川沿いにあり水の音が聞こえる
とても気持ちの良い場所です。
p9131581_rr一部ではカツラの木の甘い香りが漂っていました。

また所々で可愛らしいキノコを見つけました。
%e3%83%9b%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%82%bf%e3%82%b1-2_rrホコリタケの仲間で、
キノコに風や動物が衝撃を与えると
かさのてっぺんの穴から煙のように胞子を出します。
この胞子がホコリタケの名前の由来となっているようです。

この他にも、ドクツルタケやベニテングダケ、ウチワタケなど
沢山のキノコが生えていました。

2時間ほど登っていくと、抱返ノ滝が現われます。
p9131587_rr少し距離はありますが、迫力のある滝で
個人的には一番好きな場所です。
ゆっくりと静か時間を過ごすことができます。
機会がありましたら、ぜひ足を運んで見て下さい。

道行沢は人通りの少ない所になりますので、
熊鈴などを鳴らしながら歩きましょう。

担当:石塚



< 前ページに戻る
PAGE TOP