尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年9月1日-尾瀬沼ビジターセンター(燧ヶ岳の様子)

天気:晴れ
気温:16.0℃(朝9時)21.3℃(昨日の最高気温)10.1℃(今日の最低気温)

こんにちは。
尾瀬沼には今日も気持ちの良い青空が広がっています。

台風一過の昨日、燧ヶ岳に登ってきましたのでその様子をお伝えします。
7月に開通した見晴新道から登ってきました。

DSCN0534_RR

台風の後ということもあり、
登山道の入り口は沢のようになっていました。

P8313278_RR

進行方向が分かりづらくなっている箇所があります。
登山道沿いの木や笹につけてあるピンクテープを見逃さないようにしながら歩きましょう。

P8313254_RR

ダケカンバやネズコなどの大径木が多く見られました。
燧ヶ岳の自然の長い歴史を感じさせてくれますね。

天候に恵まれ、
柴安嵓山頂から尾瀬沼や尾瀬ヶ原、至仏山などを見渡すことができました。

IMG_0657_RR

尾瀬沼の方向には、男体山や日光白根山など日光方面の山々が良く見えます。
燧ヶ岳は東北・北海道では最高峰の山です。
ぜひ山頂で360度の展望を楽しんでくださいね。

見晴新道は一部新ルートに付け替えて開通した登山道のため、地面が踏み固まっておらず、
雨上がりの日などは特にぬかるみの多い滑りやすい道になっています。
できるだけ登りに利用し、
歩く際にはしっかりとした登山靴で歩いてください。
スパッツなどの泥除けもあるといいかもしれません。

また9月になり気温が低くなってきています。
山頂はとくに風が強いため寒く感じますので、防寒着を用意してください。

見晴新道の標準時間は登り4時間、下り3時間となっています。
時間に余裕を持った行動を心がけましょう。

担当:江崎



< 前ページに戻る
PAGE TOP