尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年8月28日-山の鼻ビジターセンターより(至仏山の様子)

■ 天気:曇り
■ 気温:21.4℃(最高気温)14.8℃(最低気温)

 

本日は至仏山の様子を紹介いたします。

東面登山道を登り始めるとまず、尾瀬ヶ原でもよく見ることのできる
ウメバチソウが多く咲いています。
この花の面白い特徴は、伸びた雄しべの数を数えると開花してからの日数がわかることです。
ぜひ、数えてみてください。

 

森林限界を超えた辺りからはツリガネニンジンが咲いています。
ソバナとよく似ていますが、花の付き方で見分けることができます。

 

高天ヶ原付近には7月によく見ることのできる
ホソバコゴメグサが咲いていました。
他の植物からも栄養を搾取しながら自らも光合成を行う
半寄生という変わった生態も持つ植物です。

 

また、雨が降った日やその翌日は
登山道が水浸しになり、とても滑りやすくなります。
足下に気をつけて登山をお楽しみください。

担当:大平



< 前ページに戻る
PAGE TOP