尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年8月20日-尾瀬沼ビジターセンターより(見晴新道の様子)

天気:雨
気温:20.0℃(朝9時)24.6℃(昨日の最高気温)17.2℃(今日の最低気温)

昨日8月19日、燧ヶ岳の巡回に行ってきました。
ルートは見晴新道~長英新道です。
今回は主に、先月開通した見晴新道の様子をお知らせします。

見晴新道は燧ヶ岳の登山道の中でも急な道となっています。
先月開通したばかりで、地面が踏み固まっていないため、
大変滑りやすい所が数箇所あります。
P8190124_RR下りは特に滑りやすくなっていますので、
利用される際は登りで使って頂いた方がいいかと思います。

また、笹を刈って新ルートとしていますので、
所々先の尖った笹があります。
P8190134_RRスニーカーや長靴は笹が靴底を貫通する恐れがありますので、
底の固い登山靴をご使用ください。

見晴新道を4時間ほど登っていくと
尾瀬ヶ原が見えてきました。
P8190283_RR

さらに登っていくと尾瀬沼が見えます。
P8190285_RR
その他、天気の良い日には周りの山々も見ることができます。
ぜひ、お天気の日に登ってみて下さい。

燧ヶ岳から長英新道へ下りていく途中には
オヤマリンドウ、ナンブアザミなどの群生が見られました。
登山道では、ぬかるみ・水溜りが数箇所ありますのでご注意ください。

燧ヶ岳の登山道は複数ありますが、
それぞれの道の様子やコースタイムなどを調べた上で、
ご自身の体力にあった登山道を使って頂たいと思います。

担当:石塚



< 前ページに戻る
PAGE TOP