尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年8月18日-山の鼻ビジターセンターより(植物研究見本園の様子)

■天気:くもり
■気温:24.7℃(最高気温) 15.6℃(最低気温)

本日は植物研究見本園の様子を紹介します。

IMGP1088
1枚目の写真は実が付いたクガイソウです。
花の時にはグラデーションが特徴的なブラシ状の花をつけますが、
実がなる様子もまた独特の風貌があります。

IMGP1090
2枚目の写真はコバギボウシの実です。
今年はコバギボウシが多く見られたため、
その実も例年より多く見られる気がします。

IMGP1095
3枚目の写真はサワギキョウの実です。
サワギキョウは例年ですと夏から秋に
移りかわる時期に湿原の主役を務める植物ですが、
今年は早くも実が見られるようになりました。

IMGP1098
4枚目の写真は植物研究見本園中通りで見られるオオニガナです。
その名の通り大きなハナニガナを思わせる花で、大きさは1mから1.5mほどになります。

尾瀬ヶ原は日に日に秋の気配が強くなってきています。
街よりも少し早い秋を感じにぜひお越し下さい。

担当:菅原



< 前ページに戻る
PAGE TOP