尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年8月5日―山の鼻ビジターセンターより(鳩待峠~山ノ鼻間の様子)

■天気:晴れ
■気温:25.7℃(9時) 24.7℃(15時)

本日は、鳩待峠~山ノ鼻間の林内で咲き始めた植物を紹介します。

IMGP1002
1枚目の写真はハンゴンソウです。
高さは1.2m~2mと人間の背丈を超える大きさになるものもある植物で、
和名の由来は、盂蘭盆会(うらぼんえ、旧暦の7月15日前後)
の頃に花をつけるからだと言われています。

IMGP1010
2枚目の写真はミヤマアキノキリンソウです。
例年ですと秋に湿原を黄色に染める花ですが、
湿原だけでなく林内でも多く見られます。
キリンソウと言うのは、黄色い花が連なる姿を
動物のキリンに見立てたもの、とも言われています。

これから先、暑い日が予想されます。
お越しの際には帽子など日射しを防ぐものを身につけ、
十分な水分を持ってお越し下さい。

担当:菅原



< 前ページに戻る
PAGE TOP