尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年7月22日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原の様子)

■天気:晴れ
■気温:18.1℃(9時) 21.0(15時)

本日は、尾瀬ヶ原の様子をご紹介します。

P_20160722_115936

一枚目の写真は、サワギキョウです。
キキョウの仲間の中でも、花の形が手のひらのような変わった形をしています。
花の上部にある突起部分に昆虫が触れると、花粉が出て来る仕組みになっています。

P_20160722_121816

二枚目の写真は、イワアカバナです。
姿形がそっくりなものにアカバナがありますが、雌しべの形で区別することができます。
雌しべが頭状をしていればイワアカバナ、雌しべがこん棒状をしていればアカバナとなります。

P_20160722_115537

三枚目の写真は、オゼミズギクです。
この花は初秋の花なので、咲き出すと秋の気配が近づいてくる合図となります。
まだ7月が終わっていませんが、植物たちの感覚ではすでに初秋のようですね。

まだまだ暑い日が続いていますが、尾瀬ヶ原では秋の花たちが咲き始めています。
お出かけを計画されている方は、水分を多めに用意するようにしてください。
また、強い風や雨が降ると体感温度がぐっと低くなります。
必ず雨具や防寒着を忘れずにお持ちください。

担当:髙堀



< 前ページに戻る
PAGE TOP