尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年7月18日ー山の鼻ビジターセンターより(研究見本園の様子)

■ 天気:晴れ
■ 気温:23.2℃(9時) 22.1℃(15時)

7月も半ばを過ぎ、尾瀬ヶ原でも日々暑くなってきているのを感じます。

IMGP0841カキツバタ

IMGP0846ヒオウギアヤメ

1枚目と2枚目の写真はカキツバタとヒオウギアヤメの実の写真です。
「いずれがあやめ、かきつばた」と言われるなど、
花が似ていることで有名ですが、並べてみると実の形状もよく似ています。

IMGP0806
3枚目の写真はハッチョウトンボです。
日本で1番小さいトンボとして知られていますが、
赤い色は湿原の緑の中でよく目立ちますので、探して見て下さい。

IMGP0842
4枚目の写真は植物研究見本園奥の草の刈り払いを行った後の写真です。
見通しを良くすることでクマと人間の接触事故を防止する為に行っているものです。

今年はクマの目撃情報が例年より多く寄せられています。
その為植物研究見本園では18:30以降の立ち入りを自粛して頂いています。
クマとの接触事故防止のためご理解とご協力をお願いします。

担当:菅原



< 前ページに戻る
PAGE TOP