尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年7月14日-尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬沼周辺の花の様子)

天気:雨
気温:16.4℃(9時)20.5℃(昨日の最高気温)15.9℃(今日の最低気温)

こんにちは。

今日も尾瀬沼は雨ですが、
ときおり日が差し、青空がのぞくことも。
これからのお天気に期待しながら散策ができそうです。

今日は尾瀬沼周辺の花たちを紹介します。

タケシマランが赤い実を付けはじめています。

P7141395_R

タケシマランは湿原ではなく森のなかで見ることができます。

今日は雨粒に濡れて光っていました。

小さな葉っぱの下にひっそりと付いた実はとても見つけにくいのですが、
ぜひ探してみて下さいね。

大江湿原ではノアザミの蕾が開きはじめました。

P7141391_R

花の下の総苞片と呼ばれるところを触ってみると、とてもべたべたしています。

一説では、下から上がってくるアリなどの花粉を運ぶのに役立たない虫たちを、
花にあがってこられないようにするためと考えられています。

鮮やかな黄色い花はオタカラコウ。

P7141388_R

背が高く葉も大きいのでとても目立ちます。
蕾をつけた株がたくさん見られますので、今後の開花の様子に期待大です。

最後はコオニユリ。

P7141379_R

コオニユリを見ると湿原に夏の訪れを感じますね。

まだまだ湿原ではたくさんの植物の蕾が控えていて、
自分の順番を待っているかのようです。

これからの季節が楽しみですね。

担当:江崎



< 前ページに戻る
PAGE TOP