尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年7月10日ー山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原の様子)

■天気:晴れ
■気温:23.8℃(9時) 22.6℃(15時)

今日の尾瀬ヶ原は天気が良く、昨日の雨のおかげか
緑がいきいきとしていてとっても爽やかでした。
P7100101「至仏山とヤマドリゼンマイ」

そんななか、こんなものを発見しました!
P7100009モリアオガエルの卵です。
木道と木道の間の支柱に産み付けていました。
モリアオガエルは通常、水辺にある木に産卵するのですが、
尾瀬では池塘の周りの草に産み付けたりします。
2週間ほどでふ化する、ということなので、尾瀬に訪れた際は
このまま優しく見守ってあげてください。

そしてお次はアキアカネ。
P7100097アキアカネは尾瀬より標高の低い場所で羽化し、
その後尾瀬のような標高の高い場所に移動してくるそうです。
つまり、標高の高い場所へ暑さをしのぎにやってきます。
やがて、高温の日が落ち着くとまた標高の低い場所へもどり、
エサをたくさん食べた成虫は写真の色から赤く色を変えます。
まるで、アキアカネが夏の間、避暑をしに別荘地に訪れてい
るかのようですね。

尾瀬ヶ原は今、緑が本当に美しく、空の青とのコントラストは
思わず深呼吸したくなる気持ちよさです。
ですが、お日様の当たる日中はとても暑くなりますので、
水分は多めに準備し、熱中症対策をされてから散策をお楽しみください。

担当:萩原

 



< 前ページに戻る
PAGE TOP