尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年7月9日-尾瀬沼ビジターセンターより(ニッコウキスゲの様子)

天気:雨
気温:16.7℃(9時)20.2℃(昨日の最高気温)14.6℃(今日の最低気温)

ニッコウキスゲが日に日に、花数を増やしています。
P7091328_RR尾瀬沼を訪れる方も増えてきており、
皆さんニッコウキスゲのお花を楽しんでいるようです。

ニッコウキスゲの他にも
ニョキニョキと成長している植物がいます。
P7091289_RRオオウバユリです。
人の背丈ほど大きくなり、
とても目立っていました。
後もう少しでお花が咲きそうです。

こちらもまだ蕾ですが、
尾瀬の名前がついているアザミ、
P7091304_RRオゼヌマアザミです。
よく見かけるアザミはノアザミですが、
オゼヌマアザミは花脇の総苞と呼ばれる、
葉っぱが変形したものが針状になっているという点で
見分けることができます。

ニッコウキスゲの他にも色々なお花が咲いていますので、
そのようなお花にも注目してみてください。

また、今まで聞こえていたウグイスやカッコウの声に変わり、
最近はアオジなどの野鳥の声が聞こえるようになってきました。
鳥の声や虫の声によっても
季節の移り変わりを感じることができますので、
色んな感覚を研ぎ澄ませながら尾瀬を堪能してみてください。

担当:石塚



< 前ページに戻る
PAGE TOP