尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年6月21日-山の鼻ビジターセンターより(植物研究見本園の様子)

■ 天気:雨のち曇り
■ 気温:13.8℃(9時) 19.8℃(15時)

最近、植物研究見本園でも「カキツバタ」がめだってきました。
そして「カキツバタ」に似ている「ヒオウギアヤメ」
の蕾も見られるようになりました。
P6210006

ここで、この2つの植物の見分け方を
簡単にご紹介します。

RIMG0176「ヒオウギアヤメ」

IMGP0077「カキツバタ」

「カキツバタ」はお花が1株につき1つしかつきませんが、
「ヒオウギアヤメ」は茎が枝分かれしていくつかのお花をつけます。
また「カキツバタ」は花びらに1本の白いすじが入っていますが、
「ヒオウギアヤメ」は虎斑状の模様がついています。
このように、そっくりな植物でも、
見分けるポイントを知っていると、
植物を違った目で楽しめます。

「いずれはアヤメかカキツバタ」と
言われるほどどちらも美しくて一方だけを
選べないということわざがありますが、
みなさんもこの美しいお花を見に来てください。

担当:萩原



< 前ページに戻る
PAGE TOP