尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年6月12日ー尾瀬沼ビジターセンターより(低公害車運行)

■天気:曇り
■気温:16.3℃(9時)19.6℃(昨日の最高気温)10.0℃(今日の最低気温)

今日は、昨日より運行を開始した大清水~一ノ瀬間の
低公害車運行についてご紹介したいと思います。

DSC08388_R
大清水から一ノ瀬間は、約1時間程の砂利道になるのですが、
低公害車を利用すると、約15分程に短縮することができます。
尾瀬を縦走する方や燧ヶ岳登山をされる方などにも便利だと思います。

DSC08387_R
また、低公害車の営業運行に合わせて、大清水~一ノ瀬間の
「旧道」と呼ばれる昔の登山道も解放されています。
この道は檜枝岐村の七入まで続いており、沼田城主・真田信幸によって
上州と会津を結ぶ街道として整備された歴史ある道でもあります。
昨年、「歴史の道100選」にも選ばれました。

低公害車運行についての詳細は、以下のページをご覧ください。
大清水~一ノ瀬間の低公害車営業運行について

最後に、
R_DSC08415_R
一ノ瀬~三平下までは、木道が傷んでいる箇所が複数あります。
特に雨天時は滑りやすくなりますので、気を付けて歩いてください。

担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP