尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年6月5日‐尾瀬沼ビジターセンターより(芒種の頃に・・・)

■天気:くもりのち晴れ
■気温:13.4℃(9時)17.1℃(昨日の最高気温)8.9℃(今日の最低気温)

爽やかな青空が広がり、尾瀬沼の湖面が青々と輝いて見えます。

P1610308
【大江湿原-空と尾瀬沼の青-】

また、尾瀬沼ビジターセンターも多くの登山客の方が訪れて、
賑やかな日曜日の朝となりました。

P1610296
【尾瀬沼ビジターセンターの朝】

そんな賑やかな尾瀬沼ビジターセンターの周辺に
ひっそりと日に日に育っている「巨大な植物」があります。
ひそかに話題となっているのですが・・・何かわかりますか?

P1610319
【ひっそりと育つ巨大な植物-??????-】

その植物の名は「オオウバユリ」。
なんと、この個体の茎は自分の手と同じくらいの太さ(約10㎝程)がありました!!

P1610313
【オオウバユリの茎】

大きな少し黄緑がかった白い花が夏に咲きます。
咲くのが楽しみですね・・・。

また、本日は季節を表す言葉、二十四節気によると「芒種(ぼうしゅ)」。
稲の穂先のように芒(のぎ)のある穀物の種まきをする頃です。

その次は「夏至」(6月21日)。
ついに尾瀬にも待ちに待った夏が訪れます。

P1610307
【夏を待つワタスゲ(穂)】

「夏が来れば思い出す はるかな尾瀬 遠い空」の歌で
有名なこの場所で素敵な「夏の訪れ」を楽しんでみませんか?

皆さまの「尾瀬」へのお越しをお待ちしております。

担当:川上



< 前ページに戻る
PAGE TOP