尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年5月29日‐尾瀬沼ビジターセンターより(露と落ち露に消えにし)

■天気:晴れ
■気温:14.0℃(9時)20.8℃(昨日の最高気温)2.0℃(今日の最低気温)

早朝の眩しい朝日とひんやりとした空気の中で木道の脇を見ると…
草花に霜が降りていました!!

P1600633
【尾瀬沼の朝― 霜が降りた!!‐】

霜はやがて露に変わり、儚く湿原の中で輝いています。
「露と落ち露に消えにし」という豊臣秀吉の辞世の句を思い出します…。

林の向こうからは「コロコロコロ…」と鳴くモリアオガエルの声や
カッコウやツツドリの夏鳥のコーラスが聞こえます。

P1600647
【大江湿原‐初夏の訪れ‐】

P1600655
【花開いたエゾムラサキ】

P1600662
【尾瀬沼のビュースポット―逆さ燧‐】

四季を駆け足で過ぎてゆく「尾瀬」。

その日その日で表情を変える豊かな自然が溢れるこの場所で
ぜひ、そっと目を閉じてみてください。

すると、多くの生き物たちの命の鼓動が聞こえます。

そんな素敵な「尾瀬」に足を運んではみませんか?
皆さまの尾瀬へのお越しをお待ちしております。

担当:川上



< 前ページに戻る
PAGE TOP