尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2016年5月26日-山の鼻ビジターセンターより(鳩待峠~山ノ鼻の様子)

■天気:曇り のち 晴れ
■気温:22.4℃(9時) 21.2℃(15時)

ともすれば尾瀬ヶ原に気がはやる余り、周りを見ずに通り過ぎることもある
鳩待峠~山ノ鼻間の林内ですが、道すがら辺りを見渡すと様々な花が咲いています。

IMGP1065
1枚目の写真はアズマシャクナゲです。ピークこそ過ぎましたがまだ綺麗な花を咲かせています。
道中の岩場に咲いていますが、高いところにありますので見る際は足下に注意してご覧ください。

IMGP1105
2枚目の写真はニリンソウです。花の大きさは2cmぐらいと小さな花ですが、
山ノ鼻近くに群生しており林内に彩りを添えています。

IMGP1044
3枚目の写真はオオカメノキです。特徴的な葉の模様が名前の由来となっている木で、
今尾瀬の林内のあちらこちらで見る事が出来ます。

IMGP1097
4枚目の写真はキジムシロです。
日当たりの良い場所に地を這うように群生しており、鮮やかな彩りを楽しむ事ができます。

尾瀬の林内には尾瀬ヶ原に負けないぐらい多くの魅力的な花が咲いています。
ぜひゆっくりと見てください。

担当:菅原



< 前ページに戻る
PAGE TOP