尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年10月28日 尾瀬沼ビジターセンターより(過ぎ行く季節)

天気:小雨のち曇り
気温:8.7℃(9時)12.7℃(昨日の最高気温)6.2℃(今日の最低気温)

尾瀬では早春から初冬まで約半年で季節が移り変わります。
風景も残雪から緑、花の季節、紅葉そして初冠雪と移り
花もミズバショウからニッコウキスゲ、その他たくさんの花々が
季節ごとに咲き誇り、そして草紅葉へと移っていきます。
まさに、天上の楽園とはこのことでしょう。

DSCN2707_R【早春】尾瀬沼が鏡のようになって残雪の燧ケ岳を写し込みます。

DSCN8347_R【夏】ニッコウキスゲが咲き誇り花々の競演が繰り広げられます。

DSCN1659_R【秋】大江湿原には白い虹が出現し神秘的な光景が現れました。

DSCN1625_R【初冬】燧ケ岳の初冠雪、いよいよ冬将軍がやってくる。

DSCN1853_R今朝はこのような素敵な光景が見れました。

写真は残雪の燧ケ岳から初冠雪の燧ケ岳までですが
この間には、数え切れない花々が咲き、尾瀬沼の水の色も刻々と変化し
燧ケ岳もいろんな表情を見せてくれました。
もうすぐ長い冬ごもりに入る尾瀬ですが、来年にはまた素晴らしい姿を見せてくれるでしょう。
今から期待で胸がふくらんできますね。

担当:栗城



< 前ページに戻る
PAGE TOP