尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年10月23日-山の鼻ビジターセンターより(落葉に寂しさを感じて)

■天気:晴れ
■気温:10.0℃(9時) 11.0℃(15時)

 

植物研究見本園を歩いてきました。紅葉も終わり、茶色くなった葉が地面に落ちて、   シラカンバの白い樹肌が目立って見えます。
IMG_0581

遠くには、葉が黄色く紅葉したカラマツが見えます。

日本の針葉樹の内、唯一の落葉樹です。

IMG_0571

シラカンバやダケカンバの幹がグニャリと湾曲しています。

これは、毎年降る雪の重みにより幹が曲り

雪が溶けるとその曲がった状態のまま育っていくからです。

先日、燧ヶ岳では初冠雪が記録されましたが、山ノ鼻は、まだ降っておりません。

冷える空気、落ち葉の絨毯にシーズンの終わりを感じます。

山の鼻ビジターセンターは10月25日(日)に閉館いたします。

 

担当:中村



< 前ページに戻る
PAGE TOP