尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年10月19日-山の鼻ビジターセンターより(モノクロの世界から)

■ 天気:快晴
■ 気温:12.4℃(9時) 14.0℃(15時)

 

昨夜は星空がきれいに見えていたので、霜が降りるのを期待をして尾瀬ヶ原へ散策

に行くと予想通りきれいに霜が降りていました。

IMG_8496

(6:44撮影)

尾瀬も晩秋となり、木々の色合いが少なくなってきました。

霜が降りた尾瀬ヶ原はまるでモノクロの世界にいるような感覚になります。

 

しばらくすると、至仏山山頂付近から太陽の光が差しはじめ至仏山に色が入ります。

IMG_8511

(6:57撮影)

IMG_8527

(7:05撮影)

時間の経過とともに空がどんどん明るくなり、尾瀬ヶ原の方へと光が

差し込み始めます。

私は、この尾瀬ヶ原へ光の差し込んでくる瞬間が一番好きです。

今日は霜の降りた草花に光が差し込み、霜が溶けるまでの一瞬の間

湿原一面に虹色にきらきらした氷の粒が輝いていました。

 

IMG_8531

(7:18撮影)

太陽の光が差し込むと、モノクロの世界であった尾瀬ヶ原は

だんだんと色を取り戻します。

今日は8:00頃にはすっかり快晴の青空と黄金色の草もみじの湿原になりました。

 

ビジターセンターへの帰り道木道を歩いているとふと、こんなものが目に留まりました。

PA192596

(8:01撮影)

ササの葉の影で溶けることが出来なかった霜が、くっきり葉っぱ型に

残っていました。

 

担当:森田

 

 

 

 

 

 



< 前ページに戻る
PAGE TOP