尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

尾瀬保護財団設立20周年記念シンポジウム(12月19日) 参加者募集

1995年に設立された尾瀬保護財団は、今年設立20周年を迎えました。これまでの尾瀬の歴史と財団の20年の歩みをふりかえり尾瀬の将来を展望するとともに、多くの方に尾瀬の魅力を知っていただくため、「これからもみんなの尾瀬であるために」をテーマに尾瀬保護財団設立20周年記念シンポジウムを開催します。

「みんなの尾瀬を みんなで守り みんなで楽しむ」ために次の世代に尾瀬の素晴らしい魅力を伝え、併せて保護や適正利用の取り組みを知っていただくことにより、尾瀬ファンが増え尾瀬への応援の輪がさらに広がることを願っています。

日時:2015年12月19日(土)  午後1時から5時まで

会場:日本消防会館 ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16)

1 プログラム

(1) 特別表彰    尾瀬の保全や適正利用に貢献された方を表彰します。

(2) スライドトーク     「尾瀬に魅せられて」

講師:写真家 新井 幸人(尾瀬保護財団理事)

内容:空撮等の映像を通じて尾瀬の魅力を語っていただきます。

(3) 基調講演 「日本を代表する自然・尾瀬の魅力」

講師:橋谷 晃(ネイチュアリング・スクール「木風舎」代表)

プロフィール

「大好きな自然と人とのいい関係を創るには、とにかく自然の良さを体感してもらうのがいちばん!」と、木風舎のチーフガイドとして活躍するほか、講演、メディアやイベントなどの出演などで全国を飛び回っている。尾瀬でのガイドも経験多数。

NHK・Eテレ『チャレンジ!ホビー・あなたもこれから山ガール』の講師や、テレビ朝日『大人の山歩き』のガイドとしてレギュラー出演したほか、各種テレビ・ラジオ番組に多数出演。『毎日新聞』『日経新聞』などの連載コラムをはじめ、『山と渓谷』『岳人』『スキージャーナル』などの雑誌にも数多く執筆している。

チラシ(修正版)はこちら ↓

尾瀬20周年シンポジウムチラシ(修正版)_ページ_1 表  尾瀬20周年シンポジウムチラシ(修正版)_ページ_2 裏

 

(4) パネルディスカッション

○ コーディネーター:

竹内 純子

(NPO法人国際環境経済研究所理事・主席研究員。元東京電力社員で在職中は尾瀬の自然保護活動を担当。)

○ パネリスト:

神谷 有二(山と溪谷社Yamakei Online部長、日本自然保護協会理事)

桑原 幸子(魚沼市観光協会事務局長)

関根  進(尾瀬山小屋組合長、尾瀬保護財団評議員)

松浦 和男(片品山岳ガイド協会長)

芳見 弘一(福島民報社編集局長 尾瀬保護財団評議員)

2 同時開催   第20回NHK「わたしの尾瀬」写真展

第20回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテスト入賞作品50点の中から一部の作品による写真展を開催。12/11(金)~16(水)の高崎展を皮切りに福島、新潟、大阪、東京で開催される写真展を、いち早く開催します。

(1)時間:12月19日(土) 11:00~18:00

(2)会場:ニッショーホール1階 第1会議室

3 参加費     無料

4 応募方法

 【平成27年12月14日掲載 当日参加が可能に!】

事前の申込みは12月11日(金)に締め切りましたが、まだ席に余裕がありますので、より多くの方に御参加いただけるよう、当日の参加を可能としました。ただし、会場の整理の都合がありますので、20名以上の団体でお越しになる場合は、事前に御連絡をお願いします。

(1)往復はがきの場合

往信裏面に申込者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、希望人数(5人まで)を、返信表面に申込者の郵便番号、住所、氏名を記載してください。

(2)メールの場合

件名を「シンポジウム参加希望」とし、申込者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、希望人数(5人以内)を記載してください。

当日は、こちらからの返信メールを ①印刷して持参していただくか、 ②受付で携帯電話のメールを提示していただきます。 ②の場合は、返信メールを削除しないでおいてください。

なお、携帯端末メールでの申込みの場合は、返信メールが届かない事例がありますので、「oze20@oze-fnd.or.jp」を受信可能な設定にしておいてください。

申し込み締め切りは、12月11日(金)必着 ※延長しました
先着順。定員(500人)になり次第締め切らせていただきます。

5 お申し込み・お問い合わせ

公益財団法人尾瀬保護財団(〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1 群馬県庁17階)

電話 027-220-4431 / FAX 027-220-4421 / メール oze20@oze-fnd.or.jp



< 前ページに戻る
PAGE TOP