尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年9月18日-尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬の秋‐侘び寂びの趣-)

■ 天気:雨ときどき曇り
■ 気温:14.8℃(9時)17.2℃(昨日の最高気温)10.0℃(今日の最低気温)

昨日の雨もあがって、澄み渡る空に尾瀬沼と燧ケ岳が美しく見えます。

P1540572
【大江湿原にて-澄み渡る空に-】

P1540598
【釜ッ堀にて】

木道を歩く人も少なく、なんとなくもの寂しいような心地がします。

P1540578
【大江湿原にて-人影少なく…-】

林のほうからは子犬のようなアカゲラの声が響き、
大江川はいつもよりゆったりと流れてゆきます。
草紅葉も一日一日、その色が深まってゆくようです…。

際立った華やかな花々はありませんが、
日本の「侘び寂び」を感じるようなそんな光景が広がっています。

P1540583
【エゾリンドウと草紅葉】

また、尾瀬の季節の半分は「冬」。
そのほんの少しの間で「春」「夏」「秋」が移り変わってゆくといいます。

なんと朝露のように儚いものでしょうか。
それゆえに「尾瀬」への愛しさはより一層、増すものです…。

P1540586
【朝露に-愛しき「尾瀬」を想ふ-】

その長い冬を迎える前の美しい尾瀬の「秋」をぜひ、
心ゆくままお楽しみください。

P1540602燧ケ岳_R
【尾瀬沼-侘び寂びの情景-】

皆さんの「尾瀬」へのお越しをお待ちしております…。

担当:川上



< 前ページに戻る
PAGE TOP