尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年9月7日ー山の鼻ビジターセンターより(気になる植物の正体)

■天気:雨ときどき曇り
■気温:18.6℃(9時) 17.2℃(15時)

今日は8月4日のブログで書いた、気になる植物についてご紹介します。
8月4日今日の尾瀬ブログ

最初は、葉の形からハンゴンソウ(キク科)とお記ししましたが、
成長過程を見ていると様子が違うことに気づきました。
無題

8月6日には5cm程草丈を伸ばし、その2日後にはつぼみだと思っていた膨らみから、
茎を伸ばし始めました。

そして、観察を始めた20日後の24日には1.8m程にまで成長し開花しました。
RIMG0003_R
気になっていた植物の正体は、ノダケ(セリ科)でした。
図鑑には丘や林の中に生えると書いてありますが、尾瀬では湿原にも咲いています。
暗紫色を帯びた花が特徴的で(まれに白花もあります)、地面に近い葉は垂れ下がります。
RIMG0069_R

今回、不思議な形が気になったことがきっかけで、ノダケの成長のようすが分かりました。
自然を間近に感じられる場所にいるので、これからもいろいろな情報を発信していきたいと思います。

担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP