尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年9月7日ー尾瀬沼ビジターセンターより(タムラソウとノアザミ)

天気:曇り 時々 雨
気温:16.8℃(9時)16.4℃(昨日の最高気温)14.2℃(今日の最低気温)

今、大江湿原を歩いているとノアザミのお花に良く似た植物が咲いています。
P9070475_R【イチモンジセセリが美味しそうに蜜を吸っています】
このお花【タムラソウ】と言います。

タムラソウもアザミの仲間ですがノアザミとは咲く時期が異なるので、今咲いているノアザミのようなお花は
大体タムラソウだと分かります。
よく見ると両者はお花や葉っぱの形も違います

タムラソウはノアザミよりもお花の下の総苞という部分が比較的細長く、葉っぱにはトゲがありません。
一方、ノアザミは総苞が比較的丸く、葉っぱはギザギザしてトゲが生えています。
P9050419_R【タムラソウの総苞】
IMGP5133_R【ノアザミの総苞】

P9070474_R【タムラソウの全体】
IMGP4669_R【ノアザミの全体】

こうした違いはありますがタムラソウもノアザミも湿原を彩る美しいお花です。
虫達のさえずりの中で秋風に揺れるタムラソウ、虫達と戯れて遊んでいるようです。

担当:平林



< 前ページに戻る
PAGE TOP