尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年8月30日ー山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原の様子)

■天気:雨
■気温:15.4℃(9時) 15.8℃(15時)

今日は尾瀬ヶ原巡回に行って来ました。
花は20種ほど咲いていて、秋の湿原を楽しむことができます。
その中でも、オゼコウホネが元気よく咲いていたことに驚きました。
RIMG0037_R
【山ノ鼻~牛首間の逆さ燧池塘】
8月の上旬ごろ咲いていたきり、もう見られないと思っていました。
花期は7月中旬から8月中旬頃と言われていますが、今年はまだオゼコウホネが見られます。

続いての写真は、タムラソウです。
RIMG0074_R
20日に巡回に行ったときは蕾が多かったのですが、今は見頃を迎えています。
花柱の先が反り返るのが特徴的な花です。

見晴まで行くと、エゾリンドウが可愛らしい蕾をつけていました。
RIMG0176_R
尾瀬の花リレーの最終走者と呼ばれるエゾリンドウ。
花期は9月中旬から10月上旬です。
じっくり見てみると、とてもきれいな青色をしている花です。

湿原では、草が枯れ始め茶色く色づいています。
RIMG0057_R
【牛首分岐からヨッピ方面へ進んだ辺り(中田代)】

尾瀬ヶ原の湿原を黄金色に染める草紅葉(くさもみじ)が少しずつ始まり、
これからの変化が楽しみです。

担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP