尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年8月24日 尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬の外から入って来たもの)

■天気:曇り
■気温:16.5℃(9時)18.5℃(昨日の最高気温)14.9℃(今日の最低気温)

今日は尾瀬の外から入ってきたものについて紹介します。

【オオバコ】

P8240029_R

最近お花をつけているものをたくさん見るようになりました。

このオオバコは元々は尾瀬になかった植物ですが、

踏まれることによって靴の裏などに種がくっつき、

どんどんと数を増やすことが出来ます。

植物達は踏まれると弱ってしまうものが多いですが

踏まれても弱らず、そのことで種をたくさん運んでいるオオバコは

とても生命力の強い植物です。

 

こちらも色々な所で良く見かける植物です。

【シロツメクサ】

P8240032_R

身近な植物ですが、外国から入ってきた植物で

シロツメクサも元々尾瀬になかった植物です。

オオバコやシロツメクサの他にも

セイヨウタンポポなど尾瀬の外から入ってきた植物があります。

そういった植物が増えてしまうと

元々生えていた尾瀬の植物達が追いやられ

尾瀬の植物達がすみにくい環境になってしまいます。

そうならないために、

種子落としマットや靴の裏の土を落としてから入山するようにしましょう。

 

P8240006_R

最近は台風の影響か、

曇り空で霧が出ていることが続いています。

本日も雲の多い状態で、

燧ヶ岳に薄っすら雲がかかっていました。

そんな天気が続いてますので、

木道も滑りやすくなっています。

またこれからの時期は朝露や落ち葉などが多くなり

その分滑りやすくなりますので、

充分に注意しながら歩きましょう。

 

担当:石塚



< 前ページに戻る
PAGE TOP