尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年8月18日-山の鼻ビジターセンターより(ツキノワグマ出没情報)

■天気:晴れ
■気温:18.7℃(9時) 19.7℃(最高) 16.3℃(最低)

ここ数日ツキノワグマの目撃が増えており、特に鳩待峠~山ノ鼻間のテンマ沢湿原で
多く出没しています。
今、ミズバショウの実が熟す時期で、それはクマの貴重な栄養源です。
早朝、夕暮れ時は登山者も少なくクマの活動が活発な時間帯でもありますので
十分ご注意ください。
図1
ご通行の際は、鈴を鳴らしたり手を叩くというように自身の存在をアピールする
方法をとってください。
たいていのクマは、人間の存在に気が付き距離を保ちます。
RIMG0058
【テンマ沢湿原付近 写真右側に鐘があるので鳴らしてお通りください】

尾瀬はツキノワグマにとって大切な生息地でもあります。
私たち人とクマがお互いに距離を取りあって接触を避けていきましょう。
RIMG0233
クマを目撃した時には、ビジターセンターまで情報をお寄せ下さい。

担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP