尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年8月13日ー尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬の盆を楽しむ・・・)

■天気:小雨
■気温:17.1℃(9時)14.2℃(昨日の最高気温)21.1℃(今日の最低気温)

お盆を迎える今日この頃。
尾瀬沼はより一層、静かで幻想的な雰囲気となっていました。
P1510131
【霧が立ち込める大江湿原】

大江湿原ではよくみると、サワギキョウの群落が見えます。
P1510134
【サワギキョウ】

少し雨に濡れた木道を進むと、少し背の高い変わった葉の植物が・・・。

「ハンゴンソウ」と言います。

P1510126
【ハンゴンソウ】

この草に下痢止めの薬効があり、
死線をさまよっていた者がこの薬で助かったことから
「反魂草(ハンゴンソウ)」と呼ばれたという由来があります。

ここには里地里山に咲く鮮やかな彼岸花などはありませんが、
迎え火のように鮮やかな「コオニユリ」や
鬼灯のように膨らんだ「ニッコウキスゲ」の実など
尾瀬でも「お盆」を感じることが出来ます。

P1510128
【コオニユリ】

P1510135
【ニッコウキスゲの実】

尾瀬の名の由来となった尾瀬塚(三本カラマツ)に眠ると言われている
尾瀬中納言頼実公や
尾瀬の自然保護活動で活躍した平野氏に手を合わせながら・・・
どうぞ、ちょっといつもと違った「尾瀬」をお楽しみください。

P1510142
【尾瀬塚(三本カラマツ)】

皆さんの「尾瀬」へのお越しをお待ちしております。

担当:川上



< 前ページに戻る
PAGE TOP