尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年8月11日ー山の鼻ビジターセンターより(初秋の尾瀬ヶ原)

■天気:曇り
■気温:19.7℃(9時) 24.3℃(最高) 13.2℃(最低)

今日は久しぶりに曇りがちな一日でした。

今朝の山ノ鼻地区では大量のアキアカネが飛んでいました。
RIMG1557_R
アキアカネは夏の暑いあいだ、涼しい山の上で生活します。
これから先、オレンジ色の体色が秋に近づくにつれて赤くなっていきます。
そして下界が涼しくなった頃には、卵を産みに田んぼ等を目指して
尾瀬から飛んでいきます。

尾瀬ヶ原では、秋の花が既に見頃を迎えています。
IMG_8940_R
【ミヤマワレモコウ(バラ科)】
漢字で〈吾木香〉と書き、キク科のモッコウ〈木香〉からきたものと
言われています。
けれど、モッコウは根に香りがありますが、ワレモコウは葉に少しある程度で
由来はよく分かっていません。

IMG_8945_R
【サワギキョウ(キキョウ科)】
湿原でよく目立つようになりました。
黄色のオゼミズギクとともに湿原に咲き誇るととてもきれいです。

尾瀬では少しずつ秋が近づいてきています。
夏から秋へ変わりつつある尾瀬のようすもとても魅力的です。

担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP