尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年8月11日-尾瀬沼ビジターセンターより(燧ケ岳巡回してきました。)

■ 天気:曇りのち雨
■ 気温:19.1℃(9時)23.9℃(昨日の最高気温)14.8℃(今日の最低気温)

昨日、燧ケ岳へ巡回に行って来ましたのでその様子をご紹介いたします。

昨日、8月10日は燧ケ岳を開山した平野長蔵氏の誕生日かつ、
1889年(明治22年)に平野長蔵氏が燧ケ岳に登頂し石祠(せきし)
を祀った「燧ケ岳開山の日」でもありました。
IMGP5613_R【昨日の燧ケ岳】

巡回は長英新道 ⇒柴安嵓(しばやすぐら)⇒御池としました。
長英新道は2合目あたりまでは林内の緩い登り坂を歩きます。
雨の日等はぬかるみの多い道ですので通行にはご注意ください。
IMGP5638_R【長英新道・二合目付近】

登山道沿いにはオヤマリンドウがあります。
日当たりの良いところではお花が開いているので
虫たちが蜜を吸っている可愛らしい様子が見ることができるかもしれません。
IMGP5683_R【オヤマリンドウのお花に頭を突っ込んでいるハチ類】

俎嵓(まないたぐら)には平野長蔵氏が祀った石祠があります。
最高点の柴安嵓へは俎嵓を一旦降りてから登ることになります。
IMGP5756_R【俎嵓の石祠から柴安嵓を臨む】

御池側の熊沢田代、広沢田代のキンコウカはお花の盛りは少し過ぎていましたが、
葉っぱがオレンジ色に染まってきています。
草紅葉の季節がすぐそこまで近づいてきている感じがしました。
IMGP5808_R【熊沢田代のキンコウカ】

今回の巡回では色々な表情の燧ケ岳を見ることが出来ました。
皆様も盛夏を過ぎ、秋の兆しが感じられる燧ケ岳に登ってみてはいかがでしょうか。
ただし、今の時期は通り雨や夕立が多い時期でもあります。
正確な天気情報を把握し十分な装備をして、
雨の場合は足元等にお気をつけて登山なさってください。
IMGP5839_R【突然豪雨にあった登山道】

担当:平林



< 前ページに戻る
PAGE TOP