尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年8月9日-尾瀬沼ビジターセンターより(燧裏林道の様子)

■ 天気:晴れ
■ 気温:18.0℃(9時)22.5℃(昨日の最高気温)13.1℃(今日の最低気温)

7日に燧裏林道に行ってきました。

湿原や林の中では、

以前とは違ったお花や実が見られましたのでご紹介します。

 

一つ目はミズギクです。
P8070300_R
尾瀬沼でも最近蕾が開き始めました。

蕾も可愛らしいですが、お花も可愛らしいです。

 

二つ目はツルアリドオシです。
P8070245_R
木の根元などによく咲いています。

白い小さなお花なので、

しっかり見ていないと見落としてしまうかもしれません。

 

三つ目こちらも見つけにくい植物、ギンリョウソウです。
P8070283_R

お花が終わり種が出来始めています。

この後は茎が倒れ、実がつぶれ種を撒き散らすそうです。

お花も面白いですが、お花が終わってもまだ楽しめそうです。

 

続いては秋を感じさせられるキノコです。
P8070346_R
大きなキノコで、私の手のひらくらいの大きさがありました。

最近はキノコや赤く色づいたハリブキの実など、

秋が近づいて来た様に感じます。

 

そして、そろそろミズバショウの実が食べごろになってきました。
P8070233_R
ミズバショウの葉っぱや実が、倒れている場所が何箇所あり

ツキノワグマがやってきているようでした。

思わぬ鉢合わせをしないように、

しっかりクマ鈴を鳴らしながら歩きましょう。

 

ちなみにミズバショウをクマは食べていますが、

毒があるため人は食べれませんのでご注意ください。

 

尾瀬での動植物等の採取は禁止されていますので、

食べることはできませんが、例え動物が食べていても

人には害のあるものがたくさんありますので

お気を付けください。

担当:石塚



< 前ページに戻る
PAGE TOP