尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年8月6日-山の鼻ビジターセンターより(サワギキョウが咲いています)

■ 天気:晴れ
■ 気温:23.6℃(9時) 27.1℃(最高) 13.3℃(最低)

今日の尾瀬も雷注意報が朝から出ており、お昼過ぎ頃から遠くで雷鳴が聞こえてきます。こんな日は雷がいつくるのかと気になって、ゆっくりと尾瀬を満喫することが難しいかもしれません。
午後から天気が荒れることが多いので、早めに出発しての散策がおすすめです。

尾瀬ヶ原では夏から秋にかけて主役となるサワギキョウが、
多く見られるようになってきました。
IMG_3940

サワギキョウを全体から見ても綺麗ですが、じっくり花のひとつひとつを

観察するとさらに面白い特徴を見ることが出来ます。

 

花の上部にぶら下がるように伸びているものの中に、雌しべと雄しべが

入っています。この花、雄性期から雌性期に変化をします。

IMG_3781

雄性期に虫がここに触れると花粉をだします。

そして、下記の写真のように雌性期に変化します。

P8041043

他の個体の花粉をできるだけ受粉できるように、花粉を出す時期と受粉する時期を

分けていると考えられています。

 

まだまだ雄性期の花が多かったので、咲き始めたばかりのものが多いと思われます。

8月下旬まで楽しめるので、尾瀬を訪れた際は是非観察してみてください。

 

担当:森田

 



< 前ページに戻る
PAGE TOP