尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年7月21日ー山の鼻ビジターセンターより(今年のニッコウキスゲ)

■ 天気:快晴
■ 気温:25.1℃(9時) 27.9℃(最高) 14.7℃(最低)

今日も1日暑い尾瀬ヶ原でした。
夏の青空の下、湿原ではクルマユリが咲き始めていました。
オレンジ色の花が夏の尾瀬によく似合います。
RIMG1427

さて、三連休には多くの方が尾瀬に訪れました。
特に中日(19日)が多く、ビジターセンターの入館者数も2000人を越え、
テントも52張りと今シーズン最高でした。
(普段はこの半分ほどなので、尾瀬にお越しの際は
平日もしくは宿泊プランを検討してみてください。)

今年のニッコウキスゲは、牛首分岐からヨッピ吊り橋の区間でよく咲いています。
7月20日時点の様子をご覧ください。

 

RIMG1391
湿原がニッコウキスゲで黄色くなる姿を見たことは初めてだったので、
思わず「すごい~」と声が出てしまいました。
しかし、10年前はもっと多かったという話を聞きます。

花には豊作の年とそうでない年というように周期がありますが、
今と昔で変わったことは尾瀬にシカが入ってくるようになり、
花芽を食べてしまうという現状です。
シカだけでなく、温暖化等の原因もあるので私たちももっと
自然の声を聞かなければと気づかされます。
シカについては対策や調査が進められているので、
再び湿原がニッコウキスゲで染まる年が訪れるように取り組んで行きたいと思います。

担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP