尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年7月17日-尾瀬沼ビジターセンターより(いずれ菖蒲か杜若)

■ 天気:曇り
■ 気温:19.2℃(9時) 20.1℃(昨日の最高気温) 16.2℃(最低気温)

今朝の尾瀬沼は風が少し強めで木々がざわめいているようです。

大江湿原ではヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)に続いてカキツバタ(杜若)も咲き始めました。
IMGP4306_R【ヒオウギアヤメ】

IMGP4296_R【カキツバタ】

似ている2つのお花ですがどちらも美しいので、
“どちらも優れていて優劣がつかず選択に迷うことの例え”として
『いずれ菖蒲か杜若』という諺があるそうです。

確かに、湿原に凛として咲く様からは甲乙付け難い趣が感じられます。

これらの花に負けず劣らずなのが皆さんお待ちかねのニッコウキスゲです。
日に日にお花の数が増えてきて
今朝は曇り空でしたが大江湿原が少し眩しく感じられました。
IMGP4292_R【今朝のニッコウキスゲの様子】

花芽の様子を見る限りまだまだ、お花は増えていくと思われます。
何とか台風を乗り越えて大江湿原を黄色に染めて欲しいですね。

担当:平林



< 前ページに戻る
PAGE TOP