尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年6月19日-尾瀬沼ビジターセンターより(森の掃除屋)

■ 天気:曇りのち雨
■ 気温:12.8℃(9時)16.3℃(昨日の最高)9.0℃(今朝の最低)

 

今回は、最近良く見かける「森の掃除屋」について紹介します。

 

『皆さんは森の掃除屋と聞いて何を想像するでしょうか?』

 

クマやシカなどの動物?

木など植物?

CIMG0112_R

写真でお気づきの通り「キノコ」です。

中々目立たないので目に付きにくいですが、

地面や木道、倒木など様々なところに生息しています。

 

『なぜキノコが森の掃除屋と呼ばれているのか?』

 

キノコは生物分類で菌界に分類されます。

カビや酵母の仲間です。

カビと聞くといい印象ではないかもしれませんが、

菌類は落ち葉や動物の死骸を分解しています。

 

尾瀬の中には様々な動物や植物がいます。

しかし、それだけでは落ち葉や死骸は積み重なっていくだけに…

そこで森の掃除屋「キノコ」の出番になるのです。

 

これからの時期は色々なキノコたちが出てきます。

ひっそりと、どっしりした存在感。

様々な形、色。

CIMG0072_R

どうでしょうか?

キノコって面白いと思いませんか?

私自身がキノコが好きなので、

少しでもキノコの魅力が伝わればいいなと思います。

 

キノコのほかにも目立ちにくいですが、

尾瀬にとっては、なくてはならないモノたちがたくさんいます。

 

キノコやコケ、地衣類など

種類は分かりにくいですが、

「ここにもいた」

と尾瀬の一員にも目を向けてみてください。

CIMG0063_R

担当:石塚



< 前ページに戻る
PAGE TOP